ダイエット

【研究】飲み過ぎても二日酔いにならない合成アルコールを5年以内に販売予定(英)

投稿日:

no title
1: 名無しダイエット 2019/04/07(日) 00:56:53.99 ID:rZ3+WvwR9
◆飲み過ぎても二日酔いにならない合成アルコールが5年以内に販売予定(イギリス)

お酒は、ほどよく適量ならばストレス解消にもなるかもしれないが、つい飲みすぎてしまうこともある。
へべれけに酔っ払って二日酔い。残されたのは激しい頭痛と後悔のみ。なんて経験をした人もいるだろう。

だが、どんなに飲んでも二日酔いにならず、肝臓にもダメージがないという合成アルコールが現在開発中で、5年以内に販売予定だそうだ。
その奇跡のお酒は「Alcarelle」――開発者は、イギリスの神経精神薬理学者デビッド・ナット教授である。

■ アルコールの危険性

ナット教授は、アルコールが「高純度のコカインよりも社会的に有害」であることを懸念して、合成アルコールの開発を決意したのだという。
決して毎日お酒を好きなだけのみたいからではない……多分。

同教授は英ガーディアン紙でその危険性について語りつつ、「もし今日発見されたとすれば、食品としては規制されるだろう」と話す。
食品の安全基準に照らすなら、安全なアルコール摂取量は、年にグラス1杯のワイン程度なのだそうだ。

■ 酩酊感はあるが二日酔いをしない合成アルコール

ガーディアン紙が「分子の聖杯」と表現するこのアルコールの代替物は、アルコールとまったく同じに、脳内のGABA受容体を刺激する。
すると本物のお酒のように脳が沈静化し、ふんわりとした酩酊感が味わえるのである。

だがそれでいて、肝臓にも脳にも負担がかからず、翌日の二日酔いを引き起こすこともない。
いくら飲んでも安心ってことだ。

まさに奇跡のようなAlcarelleだが、まだ安全性の確認がきちんと行われていない。
ナット教授によると、今後5年でこの点をクリアにして、一般で販売できるようにしたいそうだ。

今やノンアルコールビールなどもあるが、もしその安全性が実証されれば、ほろ酔い気分を楽しめつつ、二日酔いにならず、体を壊す心配もないお酒が誕生しそうだ。
味の方はどうなのかはよくわからないが、お酒を飲む嗜好のある人にとっては興味深い商品となるだろう。

GIGAZINE 2019年04月05日
http://karapaia.com/archives/52272845.html


続きを読む

Source: ダイエット速報@2ちゃんねる
【研究】飲み過ぎても二日酔いにならない合成アルコールを5年以内に販売予定(英)

広告

広告

-ダイエット

Copyright© 美容情報まとめサイト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.